医療法人 天久台病院
トップページ » 精神科訪問看護 » 精神科訪問看護の対象者は

精神科訪問看護の対象者は

  • ★身の回りのことが十分にできなくて困っている。
  • ★症状の観察と療養指導
  • ★デイケア・作業所・支援ネットなどの利用案内
  • ★就労を考えているが不安なことが多い。
  • ★本人(家族として)にどのように対応したらよいかわからない
  • ★社会資源についての相談
  • ★話し相手が少なくてさびしい(不安・悩みごとの相談)。
  • ★市役所などのサービス利用法
  • ★治療続けることが途絶えがちになっている人。
  • ★定期的に生活や健康などの相談がしたい。
  • ★病気とつきあいながら地域での生活を継続使用としている人
  • ★一人暮らしのアドバイス(ごみの出し方・家電製品の使い方・料理の仕方・整理整頓など)
  • ★同居家族が高齢化してきて将来一人暮らしになる不安がある。
  • ★外来通院を続け、家庭生活を維持したい。
  • ★認知症による問題。
  • ★公共料金の振込み手続きや交通機関の利用法・銀行や郵便局などの利用法。
  • ★具合が悪くなって入院してしまうのが心配である。
  • ★病気に対する不安を持っている人。
  • ★身体能力の低下が見られてきている(身体的なリハビリテーションのご提供)。
  • ★薬が指示どおりに飲めない(服薬の指導・管理・説明)。
  • ★スーパーやコンビニなどの利用法(買い物のコツ)
  • ★血圧・体温・脈拍などの状態観察